3度の旅行より飯が好き

3度の旅行より飯が好き

観光地情報を発信する旅日記。毎週金曜15:00に更新。ごはんはあまり食べません。

【静岡 / 下田】観音温泉でとろとろ肌をゲット!1泊2日のプチ伊豆旅行

ぷりんです!

温泉に行きたくなるときありますよね。 なんだかんだ月に1回は、どこかしらの有名な温泉に行ってる。
硫黄泉が好きであるため、毎回その観点で探してしまいがち。

今回はとろとろのアルカリ性泉質の温泉はないものかと探します。

... pH9.5?! そんなものがあるのか。 しかも伊豆に。遠くない。

今回は下田にある「観音温泉」に行った際の旅行記です。

【1日目】新宿~伊豆熱川~観音温泉

新宿から伊豆熱川へ

新宿駅発の快速急行片瀬江ノ島行きに乗る。相模大野で乗り換え。
課金すれば伊豆急下田まで早くかつ快適に行けることは承知だが、鈍行も味があると思いゆっくり向かうことに!(いつも鈍行)

都内在住者であれば、伊豆方面へは

小田急線 新宿→小田原 JR伊東線 小田原→伊豆急下田 のルートで3,230円。
JRで一本で行こうものなら3,960円で、上記ルートより730円高い。往復1,460円。

時間もそんなに変わらない!!駅弁買ったりしたらテンション上がるし。

目的地である観音温泉に行く前に、途中の伊豆熱川駅で下車。
バナナワニ。黄色いワニかと一瞬思ったり思わなかったり。
10数年前に来たことがあるようだが覚えてるわけなく、新鮮な気持ちで向かう。

バナナワニ園

駅から歩いて数分のところにある受付でチケットを購入。
バナナワニ園は主に3つのパートに分かれており、受付の下にいるワニ園、道の向かいにある植物園、バスで少し坂を上ったところにある果樹園という感じ。
バナナワニ園の詳細はこちら。

いざ入園!

ワニ、全然動かねえ。
しかし、ワニにもいろんな種類がいる。響き的にアリゲーターが好き。

メインと思われるワニ園を後にし、道を挟んで向かい側の植物園へ。 人が乗っても沈まないオオオニバスの葉。

the植物園という感じ。
植物園を出るとバスが来ていたのでダッシュして乗車。山の上に向かう。

バナナやパパイヤなどの果実、外の展示にはレッサーパンダも。

不動の人気をほこるやつ。
伊豆熱川のアイドルの写真も撮った。憎めない顔。

バスに乗って下山し、ワニ園から歩いて駅へ。 電車の時間まで駅前の足湯につかり、伊豆急下田へ! ちょうど良い時間潰し。滞在2時間ほど

観音温泉

駅前から送迎バスに乗車! 伊豆急下田駅より、13:45、15:00、16:00、16:40、17:30 にお迎えがあるよう。
なんとお部屋にも露天風呂あり!早速入浴。 今回宿泊したのはこちら。

化粧水か?!と思われるほどとろとろの温泉。 これは肌が再生されそう。
浸かる時間を長めに、体をごしごしふかずになるべく自然乾燥させるよう心がける。
大浴場の泉質も夕飯も大満足で、とろとろの肌とともに就寝。

【2日目】龍宮窟

朝も部屋のお風呂へ。自動で全身に化粧水が塗られる。
飲む温泉こと「飲泉」のお水もいただき、お土産ともなっている化粧水や乳液をやたら購入。

この肌をキープしつつ、本日は「龍宮窟」へ! 伊豆急下田駅より「田牛」行きバスに乗り、約20分ほどで到着。
崖が崩れて天窓のように空が拝める観光地。パワースポット!

伊豆急下田駅周辺には水族館など他にも観光スポットがありましたが、圧巻なのでおすすめ。 全然圧巻ぽさが伝わらない写真。本来は天窓を映すべき。

帰りも伊豆急下田駅行きのバスに乗り、帰路につく。 龍宮窟への時刻表はこちら。

おわりに:観音温泉で美肌を手に入れよう!

伊豆急下田まで足を伸ばせば、化粧水のような温泉があります。 バナナワニ園龍宮窟などの観光スポットもあり、有意義に過ごせるかと思います!
土日の1泊旅行におすすめのプラン◎