3度の旅行より飯が好き

cestlavie

travel diary with useful tips!

MENU

【千葉 / いすみ鉄道】菜の花畑を進むローカル鉄道!養老渓谷の黒湯でリラックス。

ぷりんです!

都内からすぐにある千葉へ。
成田空港を利用する際に通ったことはあるけれど、あんな広大な土地の大部分が未踏であった!

そんなことに気づき、前日にいろいろ予約した2泊3日の千葉の旅。

 

【1日目】館山をチャリで爆走

途中下車したいし18きっぷを使っていこうか直前まで迷っていたが、高速バスを予約。

www.kousokubus.net

 

9:00前に新宿を出て、2時間で館山に到着!
乗り換えないし、高速バスにして正解。

前日に電話したら快くオッケーしてくれたのが、駅前にあるレンタサイクル屋さん。

tabi-rin.comバス降りたとこすぐにある、売店と兼ねているとこ。
料金はこんな感じ。

f:id:puddinblog:20220323122540j:plain

なのはな号というバスで来たので1割引き!
16:30の閉店時間までに返さないといけない。タイムアタック

チャリを借りてまず向かったのが北条海岸。
駅から西に進むとすぐ。

というのもここはX JAPANYOSHIKIの出身地。
ここ北条海岸近くに住んでいたとのこと。

記念館的なとこにも行ってみたかったけど、今はないみたい。

そのまま海岸を進むと、道の駅っぽいところ。渚の博物館。

f:id:puddinblog:20220323122544j:plain

この桟橋が長くて有名な様子。

f:id:puddinblog:20220323122548j:plain

渚の博物館からすぐのとこで見つけた、いい感じの定食屋さん。
旅に来たらこうでなくっちゃという感じ満載!

f:id:puddinblog:20220323122552j:plain

 

道沿いを進み、なんとなく目的地としていた沖ノ島へ。
潮の満ち引きで道ができるとかなんとか。

道がかなり太くて、これほんとに沈むのか?という感じ。

f:id:puddinblog:20220323122556j:plain

かなり小さな島だが、マップに倒木が載っているのが良かった。

f:id:puddinblog:20220323122600j:plain


速攻で沖ノ島を離れ、そのまま房総半島の南西端を目指す!
時はすでに14:00前。ランチに時間を取られすぎた。

海岸を横目にサイクリング。これぞ旅。

f:id:puddinblog:20220323122604j:plain

かなり急な階段があった洲崎神社
いつもなら遠慮なく登るが、遠慮してしまうほどの勾配。

f:id:puddinblog:20220323122608j:plain

芸能人が多く来ている、漁港食堂「だいぼ」
海を見ながらビールなんていう最高のセットは、時間の都合でパス。

f:id:puddinblog:20220323122612j:plain

返却まで1時間のところで、菜の花ロードに出た!

f:id:puddinblog:20220323122616j:plain

季節的にドンピシャ。いい香りの中をひたすら爆走。
千葉広いよもう。

やっと街中に戻ってきたのは、ジャスト16:30。
駅周辺をぶらぶらする余裕がなかった。

チャリを返却し、予約していた宿へ。
駅から歩いて5分くらいのホステル!めっちゃきれい。

travel.rakuten.co.jp

キッチン使い放題で、交流が深まりそう。
作業部屋もあるし、リモートワークが進むすばらしいお宿。

pcをかたかたしていると、17:00のチャイムが。

そのメロディがforever loveテンションぶちあがり。
館山市民は当たり前か。

久しぶりにXの曲を聴いて、思いを馳せるそんな夕方。

f:id:puddinblog:20220323122620j:plain

陽が落ちた後、地元民に人気の定食屋へ!館山食堂。
駅近くにあるので便利。

f:id:puddinblog:20220323122624j:plain

メニューの多さに圧巻。大盛りで有名な天丼は売り切れていた。

コスパ最強のディナーをいただけた!

 

【2日目】いすみ鉄道養老渓谷へ!

8:00発の電車で、館山を出発。
電車の発車音もXで感動しつつ、西に向かって揺られる。

乗り換えを踏まえ、いすみ鉄道の玄関口である「大原駅」に到着!
菜の花列車と言われるほど、沿線の景色がきれいとのこと。

f:id:puddinblog:20220323122628j:plain

またもやノープランだったので、駅員さんにおすすめの駅を訊いてみる。

数駅先の上総中川駅が菜の花で有名との情報をゲット。
フリーパスにするほどではなかったので、単体で切符を購入。

少し駅周辺をぶらぶらして戻ると、1両しかない車両には人があふれていた。

とりあえずダッシュしてなんとか乗り込む。
休日に満員電車に乗るとは。ファック。

窓越しに景色を眺めていると、カメラを構えている人の多さに圧倒。
数時間に1本しかないこの電車と菜の花を収めるべく、日本全国から集まっているみたい。

数駅の乗車で、満員電車から解放。
駅員さんに教えてもらった菜の花スポットへ足を運ぶ。

沿線を歩いて5分ほど。
線路のすぐ横に、一面の菜の花が!

ちょうど逆方面の電車がくるとのことで、渾身の1枚を!

f:id:puddinblog:20220323122631j:plain

黄色い菜の花列車じゃないんかいと、心のなかでツッコミをいれた。

次の電車まで1時間以上あり、周辺に観光スポットがないかを確認!
歩いて30分のとこにポッポの丘という、なんだか良くわからない場所が。

先を急いでいるわけではないし、向かうことにする!!

サマーウォーズで観たような田園風景と、地主が住んでそうなお屋敷が広がる。

f:id:puddinblog:20220323122635j:plain

こんなとこに観光地があるのかと思っていると、
頭上に突如現れた車両!

f:id:puddinblog:20220323122639j:plain

入場無料でそのまま進んでみると、千葉だけでなく全国にある旧型の車両がずらり。

実際に動かせる車両もあり、ちびっこたちを乗車させてにこにこなおじいちゃん。

f:id:puddinblog:20220323122643j:plain

車内をそのままにしてある列車や、お土産販売、食堂になっているものまでバラエティ豊か。

f:id:puddinblog:20220323122647j:plain

電車内のレトロ食堂で名物の鶏卵添え牛丼を食していると、乗車予定の時刻が迫ってきていた。

f:id:puddinblog:20220323122651j:plain

思ったよりはしゃいでしまった。
ポッポの丘を後にして、田園を駆け巡る。

再びいすみ鉄道に乗り、次に降りたのは大多喜駅
有人のわりとでかい駅。

本多忠勝大河ドラマに起用する動きがさかん。

f:id:puddinblog:20220323122655j:plain

ここでもノープランだったが、街を歩いているだけでタイムスリップしたような感じ。

わざわざ県外から買いに来る客もいる、もなかで有名なお店を発見。
売り切れていたのでわらび餅をいただいた。

f:id:puddinblog:20220323122659j:plain

まあそんなにやることもなかったので、電車に乗っていすみ鉄道終点へ。

「こんなに混むのはこの時期だけですので、また空いているときに来てください」

という車掌さんに、社内から笑い声。
もう全てが満点のローカル鉄道◎

電車内で今日泊まる宿に電話して、送迎を予約!
養老渓谷駅は小湊鉄道になり、乗り継ぎが悪かった。ことを知った。

送迎バスで5分ほど揺られ、今日の宿へ。

travel.rakuten.co.jp

養老渓谷散策コースに載っていた「出口が2つあるトンネル」を通過!

f:id:puddinblog:20220323122703j:plain

チェックイン時には、かわいらしいおばあちゃん。
お部屋まで案内してくれる姿が愛らしい。

荷物を置いて先ほどのトンネルを抜ける。
近くの釣り堀が営業終了しているのに落胆しつつ、川沿いを進む。

アーチがきれいな橋。

f:id:puddinblog:20220323122707j:plain

人為的に作られた弘文洞跡。神秘的。

f:id:puddinblog:20220323122711j:plain

1時間くらいの散策で宿へ帰還。

養老渓谷が誇る黒湯を堪能!!
洞窟的なこじんまりした温泉。肌に優しい。

山の幸と川の幸メインの夕飯をいただき大満足。

 

【3日目】マザー牧場ひろすぎ

宿の送迎で養老渓谷へもどる!

菜の花シーズンだからか、駅前がにぎわっている。
早速手のひらいっぱいにポン菓子をもらう。

f:id:puddinblog:20220323122715j:plain

ジェラートの試食もいただいてしまい、これがおいしくて買ってしまう。

小湊鉄道は特に降りずに、車窓を楽しむことにした。

広大な敷地にトイレだけある飯給駅。いたぶえき。
おばちゃんの頭上が映っていたよ。

f:id:puddinblog:20220323122719j:plain

アートな作品が多かった気がする線路沿い。

f:id:puddinblog:20220323122723j:plain

小湊鉄道の終点、五井に到着!
そのまま君津駅まで下り、マザー牧場行きのバスに乗車!

珍しく事前に時刻を調べており、すばらしい乗り継ぎ。

山道も登りつつ、30分ほどの乗車で到着!
宿でもらったパンフレットで100円引き。

f:id:puddinblog:20220323122517j:plain

東京ドーム何十個分という広さらしく、かなりでかい。

動物たちのパフォーマンスがあるので、時間を考えて効率的にめぐりたいとこ。

とりあえず奥まで進み、たまたまやっていた羊のショー!

お兄さんの巧みなトークで笑いを誘いつつ、羊たちの登場。
もこもこでかわいい。

f:id:puddinblog:20220323122520j:plain

毛刈りショーも拝見。
ニュージーランド行きたくなるやつ。

エリア最奥らへんでは、赤ちゃんやぎ。
ぬいぐるみか。

f:id:puddinblog:20220323122524j:plain

ヒルのレース。なんか狂気的。

f:id:puddinblog:20220323122528j:plain

メインで楽しもうと思っていた、こぶたレース!

6頭のぶーが参加し、事前に番号付きのマスコットを購入しておくと、競馬的な要素も楽しめるという素晴らしいやつ。

整理券も配っており、これはレース場に実際に入って、ぶーを後ろから押すという権利が与えられるやつ。

全てがほほえましい。

ネーミングセンスもピカイチで、トンコツジローが一押し。
心の中で単勝賭け。

f:id:puddinblog:20220323122532j:plain

6ぶー×3レースで、18人のちびっこが参加!
よくルールがわからずに参加しているちびたちがかわいい。

レースが始まると、大人たちの応援が飛び交う。

番号付きのマスコットを持っている人たちの熱がすごい。
当たればかわいいクッションがもらえるみたい。

そんな感じでマザー牧場を満喫。

ソフトクリーム食べたかったけど混みすぎてて断念。
飲むヨーグルトのんだ。

 

【おわりに】都内からすぐの千葉を満喫!

アクセス抜群なのに、知らない魅力にあふれていた千葉。
今度は18きっぷで東側をめぐってみたい。

Sponsored Link