3度の旅行より飯が好き

3度の旅行より飯が好き

観光地情報を発信する旅日記。毎週金曜15:00に更新。ごはんはあまり食べません。

【鹿児島 / 奄美】奄美大島3泊4日!喜界島にマングローブ、愉快なおっちゃんたちに遭遇!

ぷりんです!

南国行きたい!あったかいとこ行きたい! 寒がりな人にとっては恒久の願い。
9月に行こうとしたら台風直撃して急遽予定変更を余儀なくされた、奄美大島・喜界島への旅行記

今回利用したパッケージはこちら
フライト:JAL659 羽田空港 12:20発 奄美空港 14:50着

フライト:JAL658 奄美空港 15:45発 羽田空港 17:35着
ホテル :ホテルウエストコート奄美

金額  :47,400円 /人 ※レンタカー付き!

【1日目】羽田~奄美大島

奄美大島は日本で3番目に大きい離島。沖縄島、佐渡島に次いで。

知らなかった。

ということで、羽田空港から直行便が出ている奄美空港へ。 直行便、レンタカー、新しいきれいなホテルがついて、47,800円!安い!

奄美空港に到着後、レンタカー屋さんの送迎バスで営業所へ。 受付時にクーポンももらう。 「もう来ることはないかと思いますけど、またなんかあれば使ってください」と。 なんでそんな低姿勢。

冒頭でも書いた通り、奄美大島の面積は大きく、移動が割と大変。
玄関口の空港は島の北東に位置し、宿などが密集している「名瀬港」は島の中心。

空港から1時間ほど飛ばして中心街に到着。レンタカー必須。
途中、少し迂回して「あやまる岬」という美景な景勝地を訪問。
夕飯には、名物「鶏飯」をいただく!


さすが鹿児島、ボトルキープの量も桁違い。

夕飯を済ませ、早めに宿へチェックイン。翌日も朝が早い!

【2日目】おとなりの喜界島を探検!

奄美空港喜界空港へ!

今日は離島から離島へ。喜界島! 利用した空路はこちら。

往路
便  名:JAC3831
発着空港:奄美 - 喜界島
発着時間:09:05 - 09:25

復路
便  名:JAC3834
発着空港:喜界島 - 奄美
発着時間:16:45 - 17:05

28日前迄特割を使って片道6,700円。 プロペラ機で20分程度。
何が有名かと聞かれてもわかんないけど。とりあえず行ってみる。

東経130°子午線モニュメント

到着後、空港兼売店みたいなところで自転車を借りる。レンタサイクルだけでなく、お土産屋さんも料理も、このお姉さんひとりでやってる。
とりあえず、その辺に置いてあったような自転車をゲット!ネット情報だと予約できなさそうで心配だったけど、そんな心配は杞憂に終わる。
 
いざ出発!と同時に小雨が降り出す。
南国なのにさむいいぃいと言って風を切って進む。
 
喜界島は卵形で、空港は南西に位置。そこから時計回りに進んでいく(結構漕ぎ続ける)と、東経130°子午線モニュメントが!! 海沿いなのでかなり風強い。

全長3.5kmのシュガーロード

北端付近まで行き、島の真ん中を3.5kmのまっすぐな道で分断している「シュガーロード」へ
ちょうど晴れてきた!!最高!

いかにも島!って感じの道。

また、島の真ん中が谷になっており、ペダルをこがずに下り坂をおりてゆく。アオハル。 後半は自転車押して上るけど。
しかしこの一本道。美しい。

夏に来られたら、さらにテンション上がりそう。

ガジュマル巨木

その後、島の南部にある「ガジュマル巨木」へ 高さは17.7メートル、幹周りは16メートル、枝張りの直径は42メートルと大きく、樹齢は100年を超えるそう。

まあ登る。
良い感じで枝分かれがあり、ひょいひょい登る。 島の巨木って、なんか神秘的。

黒糖作りの職人さんとの出会い

その後、島の南端の道を進み空港に向かっていると、ちらちら見てくるおっちゃんと目が合う。 なかなか見ない若僧を珍しがっているのか。声を掛けられる。

「おーい、黒糖たべていかんか?」
いただきます!と即レス。テンションがまた上がる。

おっちゃんは喜界島で黒糖作りをしており、世界で唯一の石灰を使わない純黒糖を製造している方 なんと光栄なこと!

話を聞いていると、東京や大阪にて息子さんたちが出店しているそう。

ジップロックいっぱいに純黒糖をもらう。

また、お庭や家の中を紹介してくれた。
机やいす、「こんなものまで!」というモニュメントなど、全部手作りということでびっくり。
職人さんという言葉がぴったりな職人さん。

「おっちゃん、いろいろ自慢したくてさ」と語る口調がとても愛らしく、終始にこにこしてお話を聴いていた。
後で調べてみるとすごい人だった。

喜界島のさとうきびジュース

おっちゃんの黒糖をもって空港に戻り、飛行機の時間まで先ほどの売店で過ごす。 とりあえずさとうきびジュース」を飲みたくなり、お姉さんに注文。
さとうきび削るとこ、見ます?」と聞かれ、見たいです!!と即レス。

さとうきびを機械入れて、下からいかにも甘そうなジュースが出てくる。しぼりたて。 生臭いかとも思ったけど、そんなことは全然ない! 糖度マックスのおいしいジュース。

お姉さんはいろいろ忙しそうだったけど、私の他愛ない質問に笑顔で答えてくれた。
もともとは島を出て働いていたものの、家族の病気で故郷へ帰ってきたのだとか。 伸び伸びと地元で過ごせるのは素晴らしいと思う反面、島という閉鎖的な環境にいると、どのような将来像を描いているのだろう。

常に旅行には出かけているが、その地に住み着いている人がいるからこそサービスが受けられるのであって、そういった方と縁があってお会いしていることに、どこか感謝のような気持ちが芽生える。

その後、喜界島の全景を見ながら、奄美大島に帰還。 空港から中心街まで車で戻る。
 

【3日目】奄美大島をドライブ!

マングローブ散策

今日はマングローブツアーを予約していた(前日の夜に予約した)。 島の中心部から、南に車を走らせる。

自分で漕ぐスタイルは初めてだったので、期待が高まる。
今回予約したのはこちら。
簡単に講習を受け、いざ着水!意外と進む!

ただ、パドルを水面から出す際に、どうしても水がかかる。 淡水ならまだしも、海水をくらうのはテンション下がる。 寒いからコートとか着てるし。

早く戻ったろ!と思ってぐんぐん進む。
しかし、他のツアー客とぶつかったり、道を譲ったりで、ゆっくり楽しむことに。
方向転換が難しく、早く戻ると鼻息を荒くしていたものの、戻ったのは一番最後。 みんな帰ってた。

クレイジーなおっちゃんとの出会い

その後、まだ見ぬ奄美大島の西側を開拓!
滝やガジュマルブランコを楽しみつつ、「白い砂とエメラルドグリーンの海」が売り文句の「タエン浜」へと向かう。

車を降りて浜を散策しようとすると、軽食を営んでいそうな小屋を発見。
覗いてみると、またもやおっちゃんと目が合う。
すると、おっちゃんが「コーヒー飲んでいかないか?」と。 ぜひ!!と即レス。 この後、2時間ほどここに滞在。
おっちゃんは40年ほど東京で寿司職人をやっており、今はここタエン浜で「いかり屋」を営んでいる。 奄美大島の魅力だけでなく、今後の社会情勢やお仕事のこと、人生観まで話してくれた。

とりあえず、奄美大島の不動産は「買い」とのこと。 今後急騰するから今のうち!と地元民ならではの声が聴けた。
このおっちゃん目当てで、夏に海水浴に来る方も多いらしく、名物になっているそう。 ぶっとんだおっちゃん。

その後、自作のハブ捕り機を紹介してくれ、デモンストレーションまで拝見。 1匹捕まえて役所にもっていくと、3,000円もらえるとのこと! 命がけとはいえ、これでお小遣い稼ぎをしているそう。
小屋の前の浜も案内してくれ、釣り人がいれば「お~○○さん、今日はどうかね」など、気さくに話しかけてた。
また、このおっちゃん、顔が広いようで、都内でステーキ屋さんをやっている大将を紹介してくれた。 まだ行ってないけど、早めに行ってお話したいとこ。

刺激になる話を伺い、卓越した価値観に触れ、いい出会いだったと心から思えるおっちゃん。 (おっちゃんには、おっちゃん自身と私が似ていると言われた。)

奄美大島のサンセット

おっちゃんと話しこんでいると陽が傾き始めていたので、ひたすら北上し、夕日を見ようという作戦に移る。
奄美大島は日本の中でも西に位置しており、日の出も日の入も遅い。

しかし、夕日の絶景スポットは少し遠い。 現在いる浜でも多少見ることはできるが、もっときれいな夕日を見たい!奄美大島最後の夜だし!
ということで、名瀬中心部に近い「大浜海浜公園」に向けて爆走。
陽が沈みかけてる~とか思いながら、到着したときには日没してた。
水平線上の燃えるような赤、めっちゃきれいだった!
ここで時間を稼げた分、夕飯の時間は珍しくゆっくり確保。 今回の夕食処はこちら

お酒の種類が豊富!

【4日目】奄美大島の観光スポットへ!

ハブセンター

いつも通り、行程を決めずに迎えた最終日。 とりあえず名瀬港周辺を車で走らせると、「奄美観光ハブセンター」を発見。
威勢のいいおばちゃんに連れられ、500円払って入場。
 
ハブによる被害件数等のデータが示されており、手書きによる案内も多くあった。 100円払って見られるレアな光景も展示してた。みなかったけど。
その後、おばちゃんに連れられ、「ハブとマングースのショー」を見ることに!

さすがにビデオ上映。そして、

何言っているかわからない。

方言きつすぎて、3割くらいしか把握できない。
ただ、古い映像とはいえ迫力あり!惜しげもなくハブをつかんで扱っている姿はすごいな~と感心。

ハートロック

観光センターを出発。 道中の酒造見学(試飲せず)をしつつ、ハートロックへ。

本当にハートに見える!

その後、ビーチで季節外れのかき氷を食べるなどし、空港へと向かう。
島のドライブは最高◎

おわりに:次の連休は、ぜひ「あたたかい」奄美大島へ!

やはり島は楽しい。気候はもちろん、どこか「あたたかさ」を感じます。
次はどこの離島に行こうか、地図を見てにやにやしたい。

奄美大島への旅行、みなさんもぜひ!